忍者ブログ
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


むぎ

2010年2月21日(日)
9年の生涯を終え、お空に旅立ちました。

今まで本当にありがとう。。
また生まれ変わったら一緒に暮らそうね。
デコ太

2007年5月に我が家にやってきて、いつの間にやら家族の一員に。。
わんぱく盛りの男の子
ちび

2008年6月12日
天国へと旅立ちました
18年間、私の実家で家族と共に過ごしました。
今まで本当にありがとう。
飼い主
ぽる。





LINK

知って下さい。現実を。 

土手猫を助けて!
一匹でも多くの命が助かりますように。。
















忍者ブログ / [PR]
~麦ちゃんの日常を紹介~
No. [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.56 感謝!
ご意見・ご感想 ありがとうございます。

ショックな現実が身近にあることを話してくれたヨコヨコさんも言ってくれてありがとう。

猫ブログ見てる人はこういう話を聞いて 「ヒドイ」 「ショック」 「かわいそう」

と思う人たちばかりのはずです。


やっかいなのは、何も感じない人にどうやって分かってもらうか、なんですよね。。

私には、あんなカワイイ生き物を捨てて何も感じない人の気がしれませんが・・・



こんなちっぽけなブログの中でも、できる事があればやっていきたいと思ってます。





いつもありがとうございます。励みになります!

人気blogランキングへ     にほんブログ村 猫ブログへ


PR
→ → → → → → → → → 昨日のつづき → → → → → → → → →


ただ、当時のことを思い返すと連れて帰った日からしばらくは

"ガルルガルル” とうなりながらご飯を食べていたんです。

食事時だけ豹変!です。 触ろうものなら噛み付かれそうな勢いでした(実際噛み付かれたかも?)

それだけ食べる事には苦労してたんですね。。兄弟での競争もあったのかもしれません。


ちびちゃんを見つけたときは兄弟の子猫が他にもたくさんいました。

もう15年も前の話です。今も健在なのはちびちゃんだけでしょう。。


今の麦を見ていると、そんなノラの部分があったことをすっかり忘れてしまってますが、

都市部では麦のハハ親(と 兄弟子ネコ?)のように交通事故死してる猫がたくさんいるんだろうと思うと心が痛みます。


実は私、実家で飼っていた初代のネコを交通事故で亡くしています。

私たち家族の無知もあって、去勢手術もせずに毎日外に出してしまってました。

今思うと、ノラ猫の数を増やしてしまう上に事故の危険も考えず、無知とは言えヒドい飼い主だったなと猛反省中です・・・。




こんなサイトがあります

① 『土手の猫達を助けて』 酷い現実です。麦も一歩間違うとこんな目にあわされてたかもしれません・・・。

② 『どうぶつたちのレクイエム』 こういうサイトを飼い始めに見るべきでした・・・。

③ 『ジュルのしっぽ』 (hanaさんのサイト) 人気サイトなのでご存知かと思いますが、わかりやすくまとまってて勉強になります。野良出身のジュルちゃんの変化にも注目です。

追加
④ 『日々の記録』 今日何気なくたどり着いたサイト。はっちゃん似のハチワレ君、幸せになってほしい・・・



過去の私のような 無知の過ちを繰り返さないためにも、
悲しい運命をたどる猫たち(ノラ猫も含めて)が少しでも減るためにも、

少しでもこの現実に目を向けてくれる人が増えてくれたらな。。と思います。

(私も猫好き歴は長いものの、こういった現実から目をそらしてしまってました・・・)

これらを見て感じた思いを周りに伝えてください。
誰にでもできる、地道だけど大事な一歩だと私は思うんです。








いつもありがとうございます。励みになります!
↓            ↓


人気blogランキングへ     にほんブログ村 猫ブログへ

最近ふと、思ったんです。

むぎをひろったひ。 どうしてハハ猫は道路の真ん中で轢かれていたのか・・・


場所は大阪の中心を通る新御堂筋道路十八条大橋の上です。 

江坂~東三国へ向かう途中の橋でした。

●INで橋へ上り、●OUTで橋を降りました(その先は原付通行不可だったはず・・・。)


橋の上は片側4車線はあろうかという大きな道路で、しかも上りと下り道路の真ん中には電車が通っています(御堂筋線)




コチラのHPに写真が載ってました 

                ↓右下にある写真 
一番左車線の左ヨコに一段上がって歩道がありました。むぎは車道と歩道の間の段差の影になる位置で「みぃーみぃー」鳴きながら必死で歩いてました。


・・・ということは向こう側には渡れないし、行きたければわざわざ橋に登ってこなくても下の河原から行けばいい。

なのに、どうして??


もしかして・・・。 むぎにはきょうだいがいたんじゃないか???

河原から歩行者用の階段を上ってしまい、子猫が道路へ出てしまって、

ハハ猫はそれを助けにいって・・・そして轢かれた・・・。

それじゃなきゃ、麦だけ放っといて ハハ猫だけで(行っても電車に突き当たるだけの)道路に出るわけがない。

実際、ハハ猫は原付が通る左側ではなく、かなり道の真ん中で横たわってたんです。

その姿を見た後に麦を発見しました。

あの日は道が込んでて、車のスピードもそんなに出てなかったはずなので、

すぐ助けてたらもしかしたらハハ猫は助かってたかもしれない・・・。(もしかしたら子猫も・・・)

そう思うと悔やまれる思いでいっぱいになります。。

麦はおくびょうさんなのでハハ猫についていくことができず、そのおかげで私と出会えたんです。


おまけに私はあの日、いつもは通らない道から帰っていたのです。

この麦との出会いはまさに運命です。


→ → → → → → → → → つづく → → → → → → → → →





明日へつづく。
↓            ↓

人気blogランキングへ     にほんブログ村 猫ブログへ


むぎをひろったひのその後のお話


ムギを拾い上げてバッグにいれ、チョット寄り道してから家へ帰りました。

寄り道してる間はおとなしくバッグの底で寝てくれてたんです。

トコロガ。家に帰る途中はもう夜だったんで、

行動開始とばかりにバッグからのそのそあがってくるじゃーないですか!

こっちは原付運転中! アブナイ~~  ( ̄□ ̄;)!!

結局、服の前ポケット (ちょうど大きいポッケがありまして・・) にいれ

手で落ちないようにガードして片手でノロノロ運転して帰りました。


家に連れて帰るとヨコヨコさん、首を長くして待っててくれてまして

「かわいーーー」と喜んでくれました

麦ハウスまで作ってくれて!


最初は棚の下とか、箱の中とか、暗くて狭いトコロに入り込んでたんだけど



だんだん私たちに慣れてきて、甘えてくるようになりました。

ほれ、このとーり


←マチガエタ・・・2001ダッタ・・・


私たちの姿が見えなくなると(お風呂やトイレに行くだけで・・)みゃーみゃー騒ぎ出すんです。

で、風呂からひょこっと顔を出すとピタッと鳴き止んでじぃーーーっとこっちを見てるんです。
o(*≧∀≦*)o

だから麦が寝ると、そぉ~~っとお風呂に入ってましたね

あぁ、懐かしい。

そんなムギちゃんも今やこんなに成長しました。



デーーーーーン



おっきく育ったむぎちゃんにぽちっと一票!
↓           ↓

人気blogランキングへ     にほんブログ村 猫ブログへ
多分・・・2001年4月頃生まれ。出身地は多分・・・大阪府

拾ったのはなんと、天下の新御堂筋

仕事からの帰り道。 新御堂筋の橋を渡っているとエラい車道が混んでいました。

原付OKの橋の上なのでスイスイ道路の端っこを走っていると

車道と歩道の境目の段の隅で小さな物体が動いているのを発見。

それがでした。

悲しいことに母ネコは車にはねられ、道路に横たわってました。 (>_<、)

先に母ネコを見ていたのでその子供に違いないと思い

その場に原付を放置してヘルメットをかぶったままチビねこを追いかけました。

すぐに確保できると思いきや、意外と素早い・・。∑( ̄口 ̄;)

周りの車からはヘンな人だと思われていたでしょう。

ジェットヘルをかぶったままの姿で右往左往してようやく確保

かなり怯えていて、すっごく小さかったのに凄い力で私の手を引っかき、暴れました。

急にお母さんいなくなってパニックになってたんだね、きっと ゜゜・(ノД≦*)・゜゜

そして当時同居していたトモダチに連絡。

ぽ。「にゃんこ拾っちゃったんだけど・・・連れて帰っても・・・いいかな・・?」

 「いいともーー」 

即、快諾。 

それから、わたしとトモダチと麦との同居生活が始まったのでした。




人気blogランキングへ

03
・・
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
・・
05