忍者ブログ
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


むぎ

2010年2月21日(日)
9年の生涯を終え、お空に旅立ちました。

今まで本当にありがとう。。
また生まれ変わったら一緒に暮らそうね。
デコ太

2007年5月に我が家にやってきて、いつの間にやら家族の一員に。。
わんぱく盛りの男の子
ちび

2008年6月12日
天国へと旅立ちました
18年間、私の実家で家族と共に過ごしました。
今まで本当にありがとう。
飼い主
ぽる。





LINK

知って下さい。現実を。 

土手猫を助けて!
一匹でも多くの命が助かりますように。。
















忍者ブログ / [PR]
~麦ちゃんの日常を紹介~
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
No. [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

→ → → → → → → → → 昨日のつづき → → → → → → → → →


ただ、当時のことを思い返すと連れて帰った日からしばらくは

"ガルルガルル” とうなりながらご飯を食べていたんです。

食事時だけ豹変!です。 触ろうものなら噛み付かれそうな勢いでした(実際噛み付かれたかも?)

それだけ食べる事には苦労してたんですね。。兄弟での競争もあったのかもしれません。


ちびちゃんを見つけたときは兄弟の子猫が他にもたくさんいました。

もう15年も前の話です。今も健在なのはちびちゃんだけでしょう。。


今の麦を見ていると、そんなノラの部分があったことをすっかり忘れてしまってますが、

都市部では麦のハハ親(と 兄弟子ネコ?)のように交通事故死してる猫がたくさんいるんだろうと思うと心が痛みます。


実は私、実家で飼っていた初代のネコを交通事故で亡くしています。

私たち家族の無知もあって、去勢手術もせずに毎日外に出してしまってました。

今思うと、ノラ猫の数を増やしてしまう上に事故の危険も考えず、無知とは言えヒドい飼い主だったなと猛反省中です・・・。




こんなサイトがあります

① 『土手の猫達を助けて』 酷い現実です。麦も一歩間違うとこんな目にあわされてたかもしれません・・・。

② 『どうぶつたちのレクイエム』 こういうサイトを飼い始めに見るべきでした・・・。

③ 『ジュルのしっぽ』 (hanaさんのサイト) 人気サイトなのでご存知かと思いますが、わかりやすくまとまってて勉強になります。野良出身のジュルちゃんの変化にも注目です。

追加
④ 『日々の記録』 今日何気なくたどり着いたサイト。はっちゃん似のハチワレ君、幸せになってほしい・・・



過去の私のような 無知の過ちを繰り返さないためにも、
悲しい運命をたどる猫たち(ノラ猫も含めて)が少しでも減るためにも、

少しでもこの現実に目を向けてくれる人が増えてくれたらな。。と思います。

(私も猫好き歴は長いものの、こういった現実から目をそらしてしまってました・・・)

これらを見て感じた思いを周りに伝えてください。
誰にでもできる、地道だけど大事な一歩だと私は思うんです。








いつもありがとうございます。励みになります!
↓            ↓


人気blogランキングへ     にほんブログ村 猫ブログへ

PR
Name
Title
Color
Mail
Web
Message
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
現実 By まっちゃん URL
2006/06/11(Sun) 08:35
EDIT
私も同感です。現実を知る事から始めないと、キレイ事では何の解決にもならないと思います。人間の都合でこれ以上、不幸な子を増やしたくないです。
コメントありがとうございます
2006/06/12(Mon) 02:15
現実に目を向けるヒトが増えてほしいですよね。。
猫好きなら余計・・・。
ごはんを食べるとき By peteandfluffy URL
2006/06/11(Sun) 13:31
EDIT
去年交通事故でぴーちゃんという猫を亡くしてしまいましたが、私も後悔しています。しきりに外に出たがるこだったので、つい出していました。道路には行かなかったのですが、段々馴れてくると車の怖さにも馴れてきちゃったのでしょう。今はどんなことがあっても絶対お外には出しません。
そのぴーちゃんが初めてうちで御飯を食べたとき、「うおんうおんうおん......」となきながら食べていました。そうとうお腹がすいていたのでしょう。ガルルルルの話でそれを思い出しました。
コメントありがとうございます
2006/06/12(Mon) 02:25
ぴーちゃんの記事は前に拝見してました。
とてもとても悲しくて、、、コメントも残さず失礼しました。
「慣れ」っていうのはありますよね
でもとっさのコトにパニックになって道路を突っ切ってしまう猫も多いようです。。
ウチの猫もそうだったんじゃないかと・・・。マイペースな子でしたから・・・

失って学ぶこともありますよね。。私もそうでした。
これからはのんちゃん・ふわちゃんの為にもがんばっていきましょうね
悲しいですね! By takoおばさん URL
2006/06/11(Sun) 15:13
EDIT
前回のブログ見て辛くて、コメントできませんでした!
おばさんの家は車通りの多い車道のちかくでしたから、過去に飼っていた猫やハスキーの兄弟などが交通事故で亡くなりました!
だから、ヨモを外に出していた時は、夜も寝れないほど心配でした!
でも、話によると近頃の野良は横断歩道をわたって来るらしいですよ!
コメントありがとうございます
2006/06/12(Mon) 02:35
横断歩道ですか!
それはすごい。
それだけ賢くないと野良はやっていけないんでしょうね^^

ウチの麦はそんな度胸ないんで一生、完全家ネコです
ヨモちゃんは横断歩道わたれるのかな?
繰り返し By らい URL
2006/06/11(Sun) 18:17
EDIT
義理のお兄さんがネコ大好きで
大きい墓地に野良がたくさんいて、避妊したり、エサをあげたり、保護したりと何人かで、活動を
しています。
でも全く減らないそうです。
捨てる人が後をたたなくて、
きっとあそこに捨てれば、少しは
幸せだって。・・・・
コメントありがとうございます
2006/06/12(Mon) 14:46
お兄さん、すばらしい方だ
ボランティアの人がいるのをいいことに、捨てにくるような無責任さに腹が立ちますね!
どうしてもっと 自分で里親探しをしたり、努力しないんだろう。。
そもそも、なんで避妊手術しないんだろう。。
ネコの為って言って、誤解してる人が大勢いるんでしょうね
定期的にサカリがつくと猫の体にも負担がかかるのに・・・!

ちょっとヒートアップしてしまいました スイマセン

そんな人達に、現実を知るためのサイトがネット上には たくさんある事を知ってほしいものです
無題 By ヨコヨコ
2006/06/11(Sun) 21:12
EDIT
9月に結婚して、田舎に嫁いだ私・・。近所の野良にゃんをかわいがってたら、近くのおじさんが 
「そんなに猫好きなら、あそこにいっぱい子猫がおるよ。・・用水路の中に・・」
絶句しました。地元の人は、生まれたばかりの子猫を、農業用水路に流すというんです・・
その光景を想像したら、怖くてその場所には、近づけません。ごめんなさい。
それは・・・
2006/06/14(Wed) 23:51
ショックな話だね・・・。ヨコヨコさんがあやまることはないよ。
誰だってそんなツライ場所にはなかなか行けないと思うよ
そういう話、HPでは見たことがあったけど、身近な人から話を聞くとさらにショックだね・・・。

その子ねこはノラ猫の子なんだろうね
増えると厄介だから見つけたら捨てに行くっていう・・・。
そういう事してる地域は全国(田舎とか)にあるって話だけど。
都会で保健所に連れて行かれるように、田舎では地元の人に殺されるなんて・・・。なんて悲しい話なんだろうと思う。
それが、そういう地域のならわしっていうか、昔からの習慣になってんだろーか。。

ウチのおばあちゃん家がすごい田舎にあるので、田舎の考えはちょっと私には理解しにくい部分があったりするんだけど。。 (おばあちゃんはそんな事しませんが・・・)
にしても・・・ヒドすぎるよね
捨てた本人は罪の意識がないのかもしれない・・・。

ごめんなさい 私も大した役に立てないんだけど・・・
でも言ってくれてたことで大事な一歩を踏んだんじゃないかな。。
Trackback URL:
03
・・
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
・・
05