忍者ブログ
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


むぎ

2010年2月21日(日)
9年の生涯を終え、お空に旅立ちました。

今まで本当にありがとう。。
また生まれ変わったら一緒に暮らそうね。
デコ太

2007年5月に我が家にやってきて、いつの間にやら家族の一員に。。
わんぱく盛りの男の子
ちび

2008年6月12日
天国へと旅立ちました
18年間、私の実家で家族と共に過ごしました。
今まで本当にありがとう。
飼い主
ぽる。





LINK

知って下さい。現実を。 

土手猫を助けて!
一匹でも多くの命が助かりますように。。
















忍者ブログ / [PR]
~麦ちゃんの日常を紹介~
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
No. [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近ふと、思ったんです。

むぎをひろったひ。 どうしてハハ猫は道路の真ん中で轢かれていたのか・・・


場所は大阪の中心を通る新御堂筋道路十八条大橋の上です。 

江坂~東三国へ向かう途中の橋でした。

●INで橋へ上り、●OUTで橋を降りました(その先は原付通行不可だったはず・・・。)


橋の上は片側4車線はあろうかという大きな道路で、しかも上りと下り道路の真ん中には電車が通っています(御堂筋線)




コチラのHPに写真が載ってました 

                ↓右下にある写真 
一番左車線の左ヨコに一段上がって歩道がありました。むぎは車道と歩道の間の段差の影になる位置で「みぃーみぃー」鳴きながら必死で歩いてました。


・・・ということは向こう側には渡れないし、行きたければわざわざ橋に登ってこなくても下の河原から行けばいい。

なのに、どうして??


もしかして・・・。 むぎにはきょうだいがいたんじゃないか???

河原から歩行者用の階段を上ってしまい、子猫が道路へ出てしまって、

ハハ猫はそれを助けにいって・・・そして轢かれた・・・。

それじゃなきゃ、麦だけ放っといて ハハ猫だけで(行っても電車に突き当たるだけの)道路に出るわけがない。

実際、ハハ猫は原付が通る左側ではなく、かなり道の真ん中で横たわってたんです。

その姿を見た後に麦を発見しました。

あの日は道が込んでて、車のスピードもそんなに出てなかったはずなので、

すぐ助けてたらもしかしたらハハ猫は助かってたかもしれない・・・。(もしかしたら子猫も・・・)

そう思うと悔やまれる思いでいっぱいになります。。

麦はおくびょうさんなのでハハ猫についていくことができず、そのおかげで私と出会えたんです。


おまけに私はあの日、いつもは通らない道から帰っていたのです。

この麦との出会いはまさに運命です。


→ → → → → → → → → つづく → → → → → → → → →





明日へつづく。
↓            ↓

人気blogランキングへ     にほんブログ村 猫ブログへ


PR
Name
Title
Color
Mail
Web
Message
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
運命 By peteandfluffy URL
2006/06/11(Sun) 13:25
EDIT
ノラとの出合いは本当に運命ですよね。
おかあさん猫、かわいそうでしたが、むぎちゃんがこうして元気でいることをきっと喜んでいることでしょう。
運命!!
2006/06/12(Mon) 02:59
江原さん、美輪さんの『オーラの泉』を毎週欠かさず見てるワタシ・・・。

むぎとは絶対前世でも一緒だったはず・・・。

なーんて妄想しちゃってます。

麦のお母さんもお空から見ててくれてることでしょう
Trackback URL:
10
・・
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
・・
12